リスクマネジメント

イーコスの提案する13の確認項目

イーコスは、廃掃法および各種リサイクル法に基づき、排出事業者が守らなくてはならない13の確認項目を提唱し、お客様のリスクマネジメントに貢献致します。

  1. 排出物の種類・組成の確認
  2. 分別方法の決定(リサイクル適合品目の選定)
  3. 排出物保管ヤード・分別保管容器の決定
  4. 収集運搬車輌、回収状況の管理
  5. 委託先業者会社概要の把握(委託先処理フローの明確化)
  6. 委託先業者許可証の有無及び有効期限の管理
  7. 委託先処理工場の調査(工場内フロー、機械能力、保管ヤード)
  8. 委託先業者引取・出荷記録の把握
  9. 適正な契約書の締結及び契約期間の管理
  10. 適正な委託処理費の取り決め
  11. 品目別排出重量の把握(MONTHLY DATA )
  12. マニフェスト伝票回収状況の管理
  13. 委託先現地確認報告書作成(年一回を基本)

廃棄物に伴うリスク

1.不法処理

  • 不法投棄
  • 不適正処理

2.廃棄物の受け入れ制限

  • 住民問題(異臭)
  • 廃棄処理業者の行政処分

3.不当請求

  • 廃棄物量の水増し
  • 行政の処分単価に伴う便乗値上げ

4.産廃業者とのトラブル

  • 産廃業者側の操業問題
  • 業者都合の廃棄運用

5.廃棄物処理法の規定変更への対応遅れ

  • 規定変更や解釈変更の情報入手遅れ
  • コンプライアンス違反

6.知識・情報不足による非効率運営

  • 不適正な処分方法による処理コストのムダ
  • 分別方法の不備による処理コストのムダ
このページのトップへ